MOMO日記

2018.06.09

サラちゃん

久しぶり(´_`illi)のMOMO日記に登場してくれたのは、生後2か月、女の子のサラちゃんです。
どうです?かわいいでしょ!
こんなにかわいいサラちゃんですが、ここまで来るのに大変だったんです。
サラちゃんは産まれて2週間くらい?の頃、倒れていたのを保護されました。
保護した方はもう死んでいるのかと思ったそうです。
ところが手に取ってみると、あ!息してる!!
急いで病院に連れて来てくれました。
その時は痩せて意識はほぼなく、首周りには多数の傷があり、毛にはハエの卵がたくさん産みつけられていました。
あと1日遅かったら死んでたでしょうし、生きててもウジ虫だらけになっていた事でしょう。
汚い話でごめんなさい。でもこれが現実・・・。

数え切れないほどのハエの卵をバリカンで取り除き、カテーテルでミルクを直接胃の中に入れます。もちろん点滴も。
翌日、どうにか意識を取り戻してきたと思ったら、体が動かないことが判明しました。おしっこも自力で出せません。
おそらく首の神経をやられたのでしょう。
何てことだよ・・・。正直先が思いやられました。
でも、保護された方とサラは全くあきらめませんでした。
サラも手厚い看病に応えるかのように、徐々に自力でミルクを飲めるようになり、手足も動かせるようになりました。
首周りの傷からは膿がとめどなくあふれ出しましたが、きちんと薬を飲んで、画像のようにきれいに、そして元気になりました!
やったO(≧∇≦)O

今では無事にやさしい里親さんも見つかって、これから楽しい生活が待っています。
新しい名前ももらったかな?
一度途切れかけたけど、頑張って息を吹き返した人生、め~~~いっぱい楽しむんだよ!!